“自分らしい日常”を叶える「さらにもう1部屋」のゆとり