QUALITY

今も将来も、安心・安全な
マンションライフを支える
信頼の躯体構造

1戸境壁 2外壁

外壁コンクリート壁厚はコンクリート約150〜180mm、戸境壁も約180mmの厚さを確保。戸境壁には、地震や風圧などの水平力に耐える耐力壁を採用。外壁は断熱性を高めた多重構造で、省エネ性に優れ、結露も防ぎます。

戸境壁
外壁
3溶接閉鎖型筋

地震時などにおける建物の耐震性への配慮として、柱の帯筋には溶接閉鎖型筋を採用。地震時のせん断力に対して、粘り強さを発揮します。

溶接閉鎖型筋
排水竪管

居室に面するパイプスペースの壁はプラスターボードを二重貼り。さらに排水管にも吸音材+遮音シートを巻き、防音対策を実施しています。

排水竪管
4床構造

床スラブ躯体として剛性を高めるため、ボイドスラブで厚さ約200〜250mmを確保、その上で遮音性に配慮したLL-45(ΔLL(Ⅰ)-4)等級のフローリングを採用しています。(一部を除く)
※遮音等級は製品性能を表しています。床の仕上材によっては遮音性が変動する場合があります。

構造
杭基礎

杭の先端を地中深くの支持基盤となる地層まで届かせて、支持杭を杭長約11m打ち込むことで、耐震性が向上した安定した基礎構造を可能にしています。

杭基礎
フルフラット・バリアフリー設計

つまずき事故となりやすい住戸内の段差をなくした(玄関框を除く)フルフラット設計で、和室の敷居、洗面室と浴室の間などの段差も解消。床段差のない住まいは安全だけでなく、掃除機の移動等もスムーズになり家事効率も高めてくれます。

フルフラット・バリアフリー設計
対震ドア枠(玄関)

大きな地震の揺れでドア枠が変形すると、ドアが開かなくなる場合があります。対震ドア枠は戸先部分、ドアの上部と下部にクリアランスを設けることで変形に対応。万一の際、玄関ドアが開放できないリスクを軽減します。

対震ドア枠(玄関)
アウトポール設計

共用廊下側・バルコニー側の柱を外部側に出した、アウトポール設計を採用。居住空間から、柱型によるデッドスペースを取り除き、家具等も配置しやすい、スッキリとした室内空間を実現しました。(一部除く)

アウトポール設計
住宅瑕疵担保責任保険に
加入予定(申込済)

「レ・ジェイド南茨木MUSE」は、売主が負う10年間の瑕疵担保責任の保証を受けることのできる住宅瑕疵担保責任保険に加入し、住宅瑕疵担保履行法に対応します。(限度額あり)

住宅瑕疵担保責任保険に加入予定(申込済)
劣化対策等級3

「住宅性能表示制度」により通常想定される自然条件及び維持管理の条件の下で3世代(おおむね75年〜90年)まで、大規模な改修工事を必要とするまでの時間を伸長するための必要な対策が講じられている、最高ランクとなる3を取得しています。

劣化対策等級3
住宅性能評価書付マンション

“第三者機関”が、客観的に審査・検査し、その結果を等級などで表示したものが、「設計住宅性能評価書」です。「レ・ジェイド南茨木MUSE」では、設計住宅性能評価書を取得し、建設住宅性能評価書についても竣工時に取得する予定です。
※2つの評価書がないと指定住宅紛争処理機関がご利用いただけません。

住宅性能評価書付マンション
CASBEE
(建築物総合環境性能評価システム)

快適な室内環境による「住みやすさ」と環境問題に貢献できる「環境への配慮」をバランスよく実現した住まいとして、評価を得ています。

CASBEE

※掲載の設備写真はモデルルーム(Bタイプ・モデルルーム仕様)を2018年10月に撮影したもので、一部CG処理を施しております。※建具等の色調につきましては、モデルルームにてご確認ください。※一部オプションが含まれています。また、家具・備品等は販売価格に含まれておりません。※オプション・セレクト対応については、申込期限がございます。

TOP