デザイン

外観完成予想CG

光と緑のシーンの中で、ひときわの輝きを放つそのフォルム。

光と緑のシーンの中で、ひときわの輝きを放つそのフォルム。

南から注ぐ陽光と、並木道の鮮やかな緑。その風景と共鳴しつつ、確かな存在感を際立たせる、オフホワイトを基調とした外観デザイン。
2棟構成の伸びやかなフォルムは、開放的な南西角地ならではの魅力を引き立てます。
いつまでも色褪せない、公園の常緑樹のように、ずっと輝きつづける美しさを追求しました。

豊かな表情と奥深い趣をつくり出すマテリアル。

暮らしの「礎(いしずえ)」そのものを象徴した重厚な佇まいのエントランス。

暮らしの「礎(いしずえ)」そのものを象徴した重厚な佇まいのエントランス。

アプローチからエントランス内部へ。住む方を誘うように連なる、明るい色調の自然石の壁。
その対向面は、黒を基調とするボーダータイルの壁とし、対象的な雰囲気に。
ONとOFF、外界とプライベートを切り替える場所としての世界観を演出しました。
そしてホール正面には「こぶ出し」の自然石を用いた重厚なアクセントウォールを配置。
上質かつ力強い、暮らしの礎としての住まいを象徴しています。

四季折々の風景を描き出すグリーンプラン

大型公園と並木道に寄り添う立地にふさわしい、潤いや彩りを植栽計画にも。ベニバナトキワマンサク、オウゴンマサキ、オリーブほか多彩な樹種を配置。
赤桃色や黄色など、1年を通じて色とりどりの風景が展開するグリーンプランとしました。季節の移ろいを日々実感していただけることでしょう。

  • シラカシ
  • ペニバナトキワマンサク
  • オウゴンマサキ
  • オリーブ
  • ブルーバシフィック
  • サツキ