やがて、この街の象徴となる。

受け継いだのは、誇らしき洋館の美意識。

外観には、開港以来神戸の地に花開いたルネサンス様式と阪神間モダニズムの様式美を融合。基壇部とそれ以上の階を隔てるコーニスと呼ばれる化粧モールが、街並に華麗な印象の存在感を放ちます。石やタイル、鉄など、細部にわたるマテリアルへのこだわりを込めて、古き良き洋館の美意識を次代へと刻みます。

株式会社 都市建 鷲田 員利氏

神戸の建築文化をベースに、高級住宅街“岡本”の本質を。

設計にあたっては、時の流れに色あせない、建物の経年変化の美しさを伝えていく邸宅を目指しました。阪神間モダニズムの余韻が香る洋館のフォルムをモチーフに、御彫石や大谷石、素材感のあるタイルを用い、岡本にふさわしい本物の質感を追求。石積みの階段を扇形に配置したアプローチによって、選ばれた人だけの誇り高き領域感を表現しています。

株式会社 都市建 受賞実績

一歩ずつ、私邸という高みへ。

誇らかな風格がエスコートする奥ゆかしきアプローチの表情。

エントランスへと誘うアプローチには、御影石積の階段を扇状に展開。足元の蹴上部分に照明を施し、高みへと導かれる選ばれし人の贅沢なステージを印象付けています。ロートアイアンの手すりや欄間をイメージした格子柄のデザインガラス、石段を上がりきった奥にはマロンブラウンの大理石を使用。一歩ずつ、心まで高まっていく誇らかなドラマの序章が始まります。