トップ > デザイン & 間取り(古曽部)

デザイン

ゆったりと、高槻・古曽部。賑わいとは一線を画し、潤いと安息感に包まれて。
■外観完成予想図

都市を楽しみ、潤いに憩う 181家族の暮らしのフィールドへ。都市を楽しみ、潤いに憩う 181家族の暮らしのフィールドへ。

先駆的で多彩な都市機能が集積した、高槻の中心部を程近くに臨み、
豊かな自然の恵みを享受しながら、ゆったりと息づく穏やかな街並みが広がる、高槻市古曽部町。
そんな住み継ぐ街に相応しい地に、新たに誕生するのが「レ・ジェイド高槻古曽部」です。
広大な敷地を擁した、181邸というスケールを誇るビッグプロジェクト。
伸びやかに都市生活を愉しんでいただくためのご提案や、
感性を刺戟するこだわりやアイデアが随所に散りばめられたライフステージです。
都市の利便性と共に、自然のやすらぎや洗練されたライフスタイルに包まれて…。
壮大な暮らしのフィールドが、ここに生まれます。

外観完成予想図
■外観完成予想図

都市を楽しみ、潤いに憩う 181家族の暮らしのフィールドへ。都市を楽しみ、潤いに憩う 181家族の暮らしのフィールドへ。

高槻山手から都市の華やぎを近くに臨み、緑のやすらぎと洗練された表情を纏って。
3棟構成・総181邸という威風堂々たる存在感を放ち、
この地の新たなランドマークとなる「レ・ジェイド高槻古曽部」の誕生です。
外観の基調となる温かみのあるカラーは、
ここに住まう誇りと共に、家族と過ごす時間を表現しています。

ARCHITECTURAL CONCEPT:日々の暮らしにキャンピングの楽しさを。自然を友とする「アーバン・アウトドア・スタイル」をご提案。

高槻エリアは、豊かな四季の表情を感じることの出来る立地が大きな魅力。「レ・ジェイド高槻古曽部」では、そんな恵まれた住環境を活かして、都市に住みながら、毎日楽しくキャンプをするように暮らす「アーバン・アウトドア・スタイル」をご提案します。優雅に不自由なく、草花や生き物を友として、笑顔に満ちた時間を過ごしていただくために…。身近な自然と触れ合い絆を深める、心も体も健全な子育てファミリーに適したマンションづくりを目指しました。

株式会社日本エスコン 建築企画部 堂本 勝二(どうもと しょうじ)
MATERIAL:建物に温かみと、豊かな表情を生み出すマテリアル。MATERIAL:建物に温かみと、豊かな表情を生み出すマテリアル。

先行の「レ・ジェイド高槻シリーズ」3棟を踏襲したマテリアルを採用。温かみのあるウォームグレーの外壁タイルを基調とし、バルコニー手摺には、乳白フィルムとスモークフィルムの合わせガラスを縦のグリッドごとに貼り分けることで、ファサードに豊かな表情を演出した他、基壇部は安定感のある黒い石調磁器質タイルでデザインしました。

  • 外壁/壁面外壁/壁面
  • エントランス/壁エントランス/壁
  • 乳白フィルム合わせガラス乳白フィルム合わせガラス
  • 黒フィルム合わせガラス黒フィルム合わせガラス
LAND SCAPE:豊かな緑と共存する日常を意識したランドプラン。LAND SCAPE:豊かな緑と共存する日常を意識したランドプラン。

「レセプションロビー」など、パブリックゾーンのコンセプトは「森を享受する共用空間」。181家族が行き来し、それぞれの家族ひとり一人が楽しく、やすらかに過ごせる場所とするため、ランドプランは緑と共存しながら、ゆとりや快適性、安全性等を感じていただけるよう設計しています。

landscape_img.jpg
  • 1提供公園

    image photoimage

    子供たちも、大人も心地よく憩える、光、風、緑と触れ合い、人との交流を育む提供公園。

  • 2パーティーラウンジ(集会室)

    image photoimage

    住まう方同士やゲストの方を招いての、楽しく温かな交流の時間を育む「パーティーラウンジ(集会室)」。

  • 3インドアパーク

    image photoimage

    子供たちが楽しく、安全に過ごせる、 「学びと遊びの森」をコンセプトとした 「インドアパーク」。

  • 4ゲストルーム

    大切なお客様に心おきなくお泊まりいただける、ホワイトを基調とした「ゲストルーム」。

  • 5こもれびの回廊

    敷地南西側の西棟と南棟の間から、館内へアクセスできる便利な「こもれびの回廊」。

  • 6レセプションロビー

    ガラスウォールでアプローチや中庭と一体化した、二層吹抜の「レセプションロビー」。

  • 7エントランスアプローチ

    訪れた方に建物の品格を語り掛け、上質な館内へとお招きするエントランスアプローチ。

  • 8オーナーズゲート

    エントランス前には、家族の乗降やタクシー利用などの際に快適な「オーナーズゲート」を設置。

  • 9歩車分離設計

    歩行者と車・自転車・バイクの、敷地内への導線を分けた歩車分離設計を採用。小さなお子様やお年寄りの方も安心して暮らせます。

※掲載の完成予想図は、図面を基に描き起こしたもので、建物の形状、仕様、色調、外構、植栽等は行政官庁の指導、施工上の都合及び改良のため、一部変更が生じる場合があります。敷地周辺の建物・電柱・標識・架線・ガードレール・植栽等は、一部簡略化および省略しております。植栽につきましては特定の季節の状況を表現したものではなく、竣工時には完成予想図程度には成長しておりません。また、季節ごとに咲く花々を同時に描いております。予めご了承ください。

間取り

Copyright © ES-CON JAPAN Ltd. All Rights Reserved.