トップ > デザイン & 間取り(天神)

デザイン

外観完成予想図
■外観完成予想図

都心の杜

秘めたる邸宅の自負。 静やかに誇る都心の聖域。秘めたる邸宅の自負。 静やかに誇る都心の聖域。

JR「高槻」駅の北側、表参道をまっすぐ登った高台に鎮座する「上宮天満宮」。
緑濃く葉を茂らせる木々に覆われた境内は、賑やかな駅前エリアとは一線を画した静謐さに包まれ、
訪れた人々には、まさに神宿る鎮守の杜とも言うべき深い情趣を感じさせてくれます。
祀られているのは「学問・至誠・厄除けの神様」として広く知られる天神様、菅原道真公。
その天神様に因んで名付けられ、緑の聖域に寄り添って誕生するのが「グラン レ・ジェイド高槻天神」です。
ここに邸宅を構えることの秘めたる誉れと静かなる誇らしさを胸に、新たな高槻生活へ。

ランドプランイメージイラスト■ランドプランイメージイラスト
ARCHITECTURAL DESIGN:聖域の緑に調和しながらも、自らの存在感をさり気なく誇る外観デザイン。

「グラン レ・ジェイド高槻天神」では、建物の意匠やカラーリングなどのバランスや安定感に配慮。プロポーションや細部の造形に対する卓越した感覚、行き届いた審美眼などが、洗練と寛ぎが調和した落ち着きのある建築美を生み出します。豊かな表情を持つその佇まいは、聖域の杜に寄り添いながらその存在感をさり気なく主張する、気品と格式を備えた新たなランドマークとなることでしょう。

株式会社日本エスコン 建築企画部/一級建築士 岩見 英生(いわみ ひでお)
JR「高槻」駅前
■エントランスアプローチ完成予想図

華やかな駅前から私邸領域へ、端正な表情で誘うエントランスアプローチ。華やかな駅前から私邸領域へ、端正な表情で誘うエントランスアプローチ。

Entrance Approach:ここから始まる28の家族の物語。それは、聖域の緑と響き合う豊かな日々。

「上宮天満宮」沿いを通る敷地東側の道路から、ゆったりとした奥行きを確保したエントランスアプローチ。風情豊かな迎賓の空間を創造し、クスノキのシンボルツリーを始め、アプローチサイドに常緑樹や季節感のある草花を植え込むことで、聖域の緑と響き合う豊かな物語の序章としています。

Gardening Plan:暮らしを癒す風景を創造するために。華やぎと安らぎに満ちた豊かな植栽計画。

それぞれの開花期はもちろん、植栽の高さや種類ごとの色合い、レイアウトによる見え方などをきめ細かに計算した植栽計画を実施。敷地東側の道路沿いにはシラカシやシマトネリコを始めツツジ、アジサイ、アプローチサイドには常緑ヤマボウシやサルスベリ、カエデなどを植え込み、一年を通じての緑の風景や季節ごとの草木の表情などで日常を美しく彩ります。

  • シマトネリコシマトネリコ
  • ヒラドツツジヒラドツツジ
  • アジサイアジサイ
  • ヤマボウシヤマボウシ
  • サルスベリサルスベリ
※掲載の完成予想図は、図面を基に描き起こしたもので、建物の形状、仕様、色調、外構、植栽等は行政官庁の指導、施工上の都合及び改良のため、一部変更が生じる場合があります。敷地周辺の建物・電柱・標識・架線・ガードレール・植栽等は、一部簡略化および省略しております。植栽につきましては特定の季節の状況を表現したものではなく、竣工時には完成予想図程度には成長しておりません。また、季節ごとに咲く花々を同時に描いております。予めご了承ください。

間取り

Copyright © ES-CON JAPAN Ltd. All Rights Reserved.