PLANマンションでも叶う個性豊かな暮らし

※当社施工例 専用庭

2線利用可能な利便性に加え、
主要な公共施設が集積する
茨木の中枢に位置する
「レ・ジェイド茨木東中条」
風景に響き合い、
風格を醸し出す2棟構成により、
プランバリエーションも多彩に
実現しています。
「1F住戸」は、
マンションでありながら、
ガーデニングやオープンカフェのような
暮らしの望みも叶えてくれます。
豊かなおうち時間を実現する
スペシャルプランとしてご紹介いたします。

GROUND FLOOR

緑いっぱいの専用庭付き住戸で、
豊かな家族の時間を。
天気のいい日にはお子様とプールで遊んだり、
キャンプをしたりと
豊かなアウトドアリビングの時間を。
陽光を浴びながらのんびりとカフェの時間だって、
楽しむこともできます。
1F住戸はエネファーム標準装備なので
環境にも家計にも優しい暮らしが実現します。

専用庭

[1F住戸限定]今注目の設備「エネファーム typeS」を標準採用。[1F住戸限定]今注目の設備「エネファーム typeS」を標準採用。

メーカー参考写真

都市ガスから水素を取り出し、空気中の酸素と反応させて発電します。同時に発生する熱で、お湯づくりに再利用。家での発電により、光熱費削減、CO₂排出量削減、地球温暖化防止にも貢献します。

高効率
※1 定格出力1kW以下の家庭用燃料電池で世界最高の発電効率(2020年1月末時点の大阪ガス調べ)。また、余剰電力買取をしている場合等、3時間以上安定して定格発電を継続した際の発電効率。上記以外の場合、定格発電効率は54%(総合効率87%)。
環境性・経済性
■試算条件:集合住宅80㎡、3人家族を想定【使用機器】■[従来システム(床暖房設置)]エコジョーズ、ガス温水床暖房(LD)、ガスコンロ、LD以外の暖房はエアコン、年間ガス使用量664㎥、年間電気使用量4,166kWh[エネファームtypeS(余剰電力買取)]エネファームtypeS、ガス温水床暖房(LD)、ミストカワック、ガスコンロ、LD以外の暖房はエアコン)年間ガス使用量1,444㎥、年間購入電力量479kWh、年間売電量2,218kWh【CO2排出削減量】■都市ガス:2.29kg-CO2/㎥(大阪ガスデータ)■電気:0.65kg-CO2/kWh「地球温暖化対策計画(2016年5月閣議決定)の2013年度火力電源平均係数より」■杉の木のCO2吸収量原単位=13.9kg-CO2/年・本(林業白書平成9年より50年杉 直径26cm 樹高22m)※試算例のため、条件により数値は異なります。※従来システム(床暖房設置)をエネファームtype S(余剰電力買取)にした場合。
日本初、燃料電池を生かした
余剰電力買取
燃料電池が持つ世界最高の発電効率を、余すところなく引き出すために、エネファームtypeSで発電した電気のうち、ご家庭で使われなかった余剰電力の買取をスタートしました。
エネファームtypeSならではの、
おトクな料金プラン。
エネファームなら「GAS得プラン マイホーム発電料金」をが適用。発電にガスを使うためガスの使用量は増えますが割引があるから安心。発電した電気を使うため、光熱費を大幅に節約できます。
■試算条件:集合住宅、3人家族を想定【使用機器】[従来システム(ガスファンヒーター使用)]ガスふろ給湯器、ガスファンヒーター(LD)、ガスコンロ、電気エアコン[従来システム(床暖房設置)]ガス給湯暖房機、ガス温水床暖房(LD)、ミストサウナ機能付きガス温水浴室暖房乾燥機、ガスコンロ、電気エアコン[エネファームtypeS]エネファームtypeS(家庭用燃料電池コージェネレーションシステム)、ガス温水床暖房(LD)、ミストサウナ機能付きガス温水浴室暖房乾燥機、ガスコンロ、電気エアコン【エネルギー使用量と適用料金】[従来システム(ガスファンヒーター使用)]年間ガス使用量:615m³(適用ガス料金:一般料金)、年間購入電力量:4,166kWh(適用電気料金:従量電灯A)、合計ランニングコスト:約220,000円/年[従来システム(床暖房設置)]年間ガス使用量:746m³(適用ガス料金:床暖料金スタンダードプラン オプション割引9%)、年間購入電力量:4,166kWh(適用電気料金:従量電灯A)、合計ランニングコスト:約211,000円/年[エネファームtypeS]年間ガス使用量:1,129m³(適用ガス料金:マイホーム発電料金 オプション割引9%)、年間電気使用量:886kWh(適用電気料金:従量電灯A)、合計ランニングコスト:約128,000円/年[エネファームtypeS(余剰電力を売電)]年間ガス使用量:1,444m³(適用ガス料金:マイホーム発電料金 オプション割引9%)、年間電気使用量量:623kWh(適用電気料金:従量電灯A)、売電量2,359kWh、合計ランニングコスト:約120,000円/年【CO₂排出係数】都市ガス:2.29kg-CO₂/m³(大阪ガスデータ) 、ガソリン:2,322kg-CO₂/L、電気:0.65kg-CO₂/kWh(地球温暖化対策計画[2016年5月閣議決定]の2013年度火力電源平均係数より)〇樹木のCO₂吸収量/杉の木のCO₂吸収量原単位=13.9kg-CO₂/年・本(林業白書平成9年より50年杉直径26cm 樹高22m)【1次エネルギー換算値】ガス:45MJ/m³、電気:9.76MJ/kWh※ガス料金と電気料金はそれぞれ大阪ガスと関西電力の2018年7月時点単価。(おトク額は各社の料金が改定された場合等には変動することがあります)※電気料金の「再生可能エネルギー発電促進賦課金」および「再生可能エネルギーの買取価格」は2018年度時点。※エネファームtypeSの余剰電力買取単価は2018年7月時点の単価。※合計ランニングコストは、1,000円未満を四捨五入。※上記は試算例のため条件により数値は異なります。※別途ガス機器等の購入費用ならびに施工費が必要となります。

専用庭ならではの
暮らし方いろいろ。

  • image photo
    Outdoor Living
    人気のアウトドアリビングで
    今だけの大切な思い出を。
  • image photo
    Kids Space
    芝生の上で安心して遊べる
    キッズスペース
  • image photo
    Gardening
    本格的なガーデニングも
    思いのまま。
「レ・ジェイド茨木東中条」マンションサロンにて、
実物を心ゆくまでご覧ください。
来場予約はこちら