DESIGN

デザイン

品をかたちにした都心の隠れ家。

この地で「美しく暮らす」ことをテーマに、
趣味のよさと、上質感にあふれる集合住宅をつくりました。

大きく張り出した庇と深いアプローチを持ったメインエントランスは
水平・垂直のラインを活かした、すっきりとしたスタイルのなかに、
ダークグレータイルや大判タイルで、シックな表情を持たせました。

住人だけが分かるような隠し扉のような設えのメインエントランスなど、
個人邸宅の趣さえ持ち合わせた、プライベート感も魅力です。

私邸に帰った時の心の動きまでデザインする、
ホスピタリティをかたちにした空間演出。

エントランスからホールにつづく長いアプローチコリドーは、「つなぐ」「くぐる」をデザインコンセプトに「外と中」「onとoff」「喧騒と静けさ」などをつなぐ、バッファーエリアとして役割を持たせ、エントランスを入った瞬間に、そこを歩く方が心も体もリセットできるような空間を目指しました。

路地のような半屋外の植栽空間は、床にはダークグレータイル、壁面には天然の玄武岩を使い、床面からの間接照明と天井からのダウンライトに加え、コリドーエンドに構えたアートのような石垣を表現し、落ち着きのある空間を演出しています。

アプローチコリドー完成予想図
■アプローチコリドー完成予想図

上質な素材使いと絶妙の色彩計画で、
端正なデザインが主張することなく際立つ。

落ち着いた街並みと調和しながら、品位と存在感を備えた集合住宅を目指し、水平と垂直ラインを組み合わせた、洗練されたファサードを計画。

大阪上本町駅から歩いてくると、最初に見えてくる西側部分には、トップにはね出しスラブを設え、白のマリオンでコーナー部分を印象付けました。

隠れ家をイメージしたダークグレーを基調としたタイルに、アクセントカラーとして黒、高層階には軽やかな白を効果的に組み合わせ、さりげなさの中に多彩な表情を生み出しました。

マテリアル
外観完成予想図
■外観完成予想図

開放感あふれる居住空間へのこだわり。

全戸南向きで空間効率に優れたキュービックプラン、8mを超すワイドスパンのプランに加え、柱型を室内になくすアウトポール設計を採用し、占有面積以上に広々とした開放感ある間取りを実現。

住戸間のパーテーションをコンクリート躯体にして独立性を高めたプライベートバルコニーは、隣の住戸からの音漏れも少ない仕様です。

10階各階平面図

端正なデザインと上質の素材が描き出す、
洗練されたエントランスホール。

歩を進め、コリドーエンドの石垣を右に折れると、中庭にオリーブをシンボルツリーとしてあしらった、選ばれた方だけが実感いただける、シックなエントランスホールが迎えてくれます。

床のダークグレータイル、壁面の天然の玄武岩は、アプローチコリドーと同じ素材を使い連続性を演出。

壁面を際立てる足元からの間接照明と、折り上げ天井からの包み込むような照明がつくり出すゆとりある空間は、お客様を迎える場にふさわしい上質感を表現しています。

エントランスホール完成予想図
■エントランスホール完成予想図
page top