Image Photo

ASSET

土地の有効活用から生まれた、「定期借地権」。

A “fixed-term land leasehold”, created to enable the effective use of land.

定期借地権付きマンションは、土地を期限付きで借り上げ、その土地に建てる住宅を購入する仕組みのこと。
所有権マンションよりも物件価格を抑えながら、魅力ある土地に住まう機会が得られる制度です。

「レ・ジェイド クロス 千代田神保町」は
建物が区分所有権、土地が定期借地権(地上権)です。

土地所有権付きの分譲マンションは「専有面積の割合に応じて土地を共有」しますが「レ・ジェイド クロス 千代田神保町」の土地は
73年3ヵ月間の定期借地権契約により「専有面積の割合に応じて定期借地権を準共有」。
想定居住期間は、工事想定期間と解体想定期間を定期借地権契約期間から差し引いたものになります。

【所有権マンション】

【定期借地権付マンション】

賃借権
他人の所有している土地を使う権利だが、土地の所有者の許諾を得ないと、原則的には建て替え、建物の売却はできない。
地上権
他人の所有している土地を使う権利。土地の所有者の許諾がなくても、原則的には貸したり、建物の売却や担保の設定が可能。

定期借地権の主な特徴

POINT1将来へ計画的に運用

集合住宅では、老朽化による「建て替え問題」など、将来、住民間で合意形成する際の難しさがあります。定期借地権付きマンションも同様ですが、期間が決まっているので、逆算して物事を決めやすい点が特徴です。

数十年後...

POINT2購入費用を抑えることができる

土地を購入せずに建物を所有できるため、一般的に所有権物件よりも購入価格を抑えることができます。※定期借地権マンションは、別途地代・解体準備金が必要となります。

購入コストの比較(イメージ)

POINT3借地分に税金がかからない

「固定資産税」や「都市計画税」など、土地に関わる税金は、土地所有者の負担となるので、定期借地権マンション購入者への負担はありません。

定期借地権 Q&A

「定期借地権付きマンション」への
よくあるご質問にお答えします。

定期借地権付きマンションと所有権のマンションは、どこが違うのですか?

定期借地権におけるお客様の権利は、建物が所有権、土地が定期借地権(地上権)です。

一般的な所有権の分譲マンションと比較すると、好立地の物件をより少ない負担で購入できます。

※想定居住期間は、工事想定期間と解体想定期間を定期借地権契約期間から差し引いたものになります。
※建物買取請求、契約更新及び改築等による期間延長は一切できません。

借地期間の更新や延長はできますか?また、期間終了時には建物は買い取ってくれるのでしょうか?

借地権借地法第22条に定める一般定期借地権の為、期間満了による借地契約の更新や、
建て替えによる契約期間延長は出来ません。
また、土地所有者に対して建物買い取り請求することもできません。

マンションを貸したり、売却したりできますか?

土地所有権分譲マンションと同じく、貸すことも、売却することもできます。

月々に掛かる費用にはどんなものがありますか?

所有権マンションで通常必要な管理費や修繕積立金に加えて、
月々の地代・解体準備金が掛かります。

※管理規約を遵守していただく必要があります。

建物の管理やメンテナンスはどうなりますか?

一般の土地所有権分譲マンションと同様の管理サービスが導入されます。管理組合から管理会社に管理や修繕を委託し、建物不具合に対するアフターサービスもご提供いたします。