アーバン デザイン

外観完成予想図

Facade Design

美意識を貫いた品位ある佇まいが
街景観を洗練する。

ファサードは、バルコニーに縦格子手摺、ガラス手摺、
アルミルーバーをリズミカルに配置することで
都会を彩るレジデンスにふさわしい
洗練された表情を演出します。

女性目線で考えた心地よく躍動する暮らしを。

毎日を快適に過ごせることはもちろん、もっと愉しく、もっと豊かな暮らしをお届けしたい。
そんな想いから、細やかで高感度な女性ならではの感性を
積極的に活かして住まいづくりを推進。
軽快なリズムが心地よく刻まれる、
自由でスタイリッシュな都市生活を謳歌できる舞台を構想しました。

  • 株式会社日本エスコン開発事業本部 大阪開発事業部
    大阪建築企画部

    チーフ德 幸奈

  • 株式会社日本エスコン開発事業本部 大阪開発事業部
    大阪建築企画部

    古崎 静香

リズムアベニュー完成予想図

Rhythm Avenue

生活のオン/オフの切り替えができ、
住まう人を迎え入れる「リズムアベニュー」。

リズムアベニューには重厚感のあるデザインウォールをリズミカルに配置し、内側に配した植栽が見え隠れする沿道景観を創出。都会と切り離された並木道のような通りを抜けることで、住まう方の気持ちのオン/オフの切り替えができます。住まう方だけでなく、地域住民の方にも憩いと出会いの場としても愉しんでもらえます。
  • Material

    素朴な表情の印象的な素材を活かし、
    モノトーンでコーディネート。

    リズムアベニューの路面には、トーンの異なるグレーのタイルを敷き詰め、趣ある通り道としました。隣地との境界となる壁には、ベージュ系で表面に微妙な自然の紋様が浮かぶタイルを採用。デザインウォールは、モダンなテイストを添えました。

  • Architect

    街に独創性を主張する、
    リズミックなデザイン。

    建物を公道からセットバックさせることで、奥ゆかしい邸宅感を創出。リズムアベニュー脇にはデザインウォールと植栽が織り成す印象的な景観を演出し、住まう方を誇らしくエスコート。リズミカルな暮らしを謳歌できる、都心ライフの拠点を目指しました。

    ターミナル・ゼロワン株式会社

    代表Haraguchi Kei原口 啓

Entrance

美意識に彩られた上質生活への
プロローグがここにはじまる。

サウスアプローチ完成予想図

Entrance

奥ゆかしき邸宅の品位を物語る、
サウスアプローチ。

建物を公道から大きくセットバックさせ、人をゆったりとした気分で迎え入れる奥行きあるサウスアプローチを実現。デザインウォールが個性的なアプローチ空間を創出し、趣ある素材感を備えたタイルが格調を印象づけます。邸宅生活の序章を飾るにふさわしい、誇らしく上質感が薫る空間です。

Green plan自然の潤いに日々癒されるよう、何種もの
緑を豊富に配した植栽計画。

リズムアベニューのサウスアプローチとなる部分には、常緑高木のシマトネリコの株立ちをシンボルツリーとして植樹し、人を心地よくお迎えする緑美しい景観を創出。西側につづくリズムアベニューには、ハナミズキやイロハモミジ、オリーブなどを取り合わせ、花や果実、葉色の変化など、四季折々の彩りを愉しめるよう配慮しました。

樹木概念図
エントランスホール完成予想図

Entrance Hall

迎賓の時を心豊かに迎えられる、
優雅なエントランスホール。

ゆとりを感じさせる伸びやかなエントランスホール。床から壁にかけては上質感薫るテクスチャーが印象的な素材で構成し、天井には木調ルーバーを採用するなど、歓待の場にふさわしい仕様により格調を演出しました。

Material優美なだけでなく、
人を優しくもてなす素材をセレクト。

エントランスホールの壁は、独特の風合いを生み出す研磨仕上げを施した人造石を採用し、上質感を演出。天井には、温もりを感じさせる木調ルーバーをしつらえ、和らいだ雰囲気に包まれるよう構成しました。

  • エントランスホール天井
  • エントランスホール壁

Land Plan

ゆとりある都市生活を目指して
配慮を尽くした舞台設計。

Land Plan暮らし心地にこだわり、
工夫を尽くしたランドプラン。

3方が公道に面する敷地の特性を活かし、人の進入ルートと車・ミニバイク・自転車の進入ルートを分離し、出入りする歩行者の安全性に配慮。また、南側と北側の両方にアプローチを設け、駅へのスムーズな動線も確保しました。

  • 1ノースアプローチ

    趣あるタイルと潤いを感じさせる植栽を配した、敷地北側の出入口。JR大阪環状線「桃谷」駅へ向かう際の便利でスムーズなルートとなります。

  • 2サウスアプローチ

    デザインウォールや趣ある素材感を備えたタイルで構成した、上質生活を象徴する迎賓スペース。ゆったりと奥行きを確保し、私邸感を高めました。

    Image
  • 3メールコーナー

    外側から配達、内側から取り出す、防犯性の高いメールコーナー。不在時でも宅配物が保管され、いつでも取り出せる宅配ロッカーも備えています。

    Image
  • 4屋内自転車置き場

    風雨の影響を受けにくい住棟1階に設けており、自転車を大切に保管できます。

    Image
  • 5平面駐車場

    平面駐車場を敷地の外周近くに設けることで、スムーズな出入庫を実現。敷地の奥まで車を走らせる必要がないため、安全性も高まります。

    Image
  • 6ペット足洗い場

    ペットを散歩させた後、建物内に入る前に足洗いができる便利な設備。共用部や自宅を汚さず、他の入居者にも迷惑をかけないための配慮です。

    Image

Floor Plan住戸の独立性が高く、プライバシーが
守られやすいフロアプラン。

南向きに並ぶ住戸が1フロアに3邸と限定されているため、エレベーターから各邸への動線の独立性も高く、プライバシーが守られやすくなっています。また、住戸の開口部をより広く確保できるよう、全邸の間口を約6.95m~約7.95mのワイドスパン設計としました。住まいに通風・採光が十分に確保され、明るく爽快な暮らし心地を享受できます。

  • プライバシーに配慮した1フロア3邸
  • 人の視線が気にならないプライベートバルコニー採用
  • 居室がすっきり広がるアウトポール設計 ※一部除く