レ・ジェイド大倉山

« »

眺望写真

SCROLL


Plan

有効率面積が高く、
バルコニーも広々と確保、
採光・通風に優れた伸びやかな
住戸プラン。

  • Atype 3LDK+S+WIC 専有面積/76.14㎡
  • Agtype 3LDK+S+WIC 専有面積/76.14㎡
  • Btype 2LDK+S 専有面積/61.22㎡
  • Ctype 3LDK+WIC 専有面積/68.21㎡
  • Dgtype 2LDK+S 専有面積/66.03㎡
  • Egtype 3LDK+WIC+SIC 専有面積/63.66㎡
  • Dtype 2LDK+S 専有面積/66.03㎡
  • Etype 3LDK+WIC+SIC 専有面積/63.66㎡
  • Ftype 4LDK+2WIC+SIC 専有面積/80.10㎡

室内がスッキリとして家具も
配置しやすいアウトポール設計。

バルコニー側や共用廊下側に柱を出して、柱が室内に張り出さないようにしたアウトポール設計。
デッドスペースとなる柱がなくなることで、居室の有効率面積が高くなります。
室内の見た目がスッキリすると共に、家具が配置しやすくなります。
隣のバルコニーとの間に柱があるためプライバシーも確保できます。

棟と住戸の配置を工夫し、
角住戸率80%の
採光・通風に優れたプラン。

フロアの中央に吹き抜けを設けることで、風通しや日当たりに配慮しています。
また、角住戸は隣接する住戸からの騒音リスクが減るので、
生活音が気になりにくく気持ちよく暮らせます。

基準階(2階~4階)イラスト

横浜市建築物環境性能表示

※基準階イラストは設計図書を基に描き起こしたもので、行政官庁の指導、施工上の都合および改良のため外観・外構・仕様・形状・植栽・色彩等に一部変更が生じる場合があります。なお、植栽は特定の季節や竣工時の状態を描いたものではありません。あらかじめご了承ください。※掲載の眺望写真はの2019年5月撮影(Btype 6階相当)したものに一部CG加工を施したものです。なお、眺望は将来に渡って保証されるものではありません。あらかじめご了承ください。※掲載の図面は計画段階の図面につき、変更になる場合があります。予めご了承ください。※掲載の絵図・写真・間取り図などの無断転載を禁じます。