レ・ジェイド大倉山

ZEHマンションで
暮らしが変わる。

ZEHマンションは、地球に、
暮らしにやさしいマンションです。

Point 1

WHAT'S ZEH?

自然の力と
先進のテクノロジーを
利用した快適な住まい。

ZEHはNet Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)のこと。断熱性能の高い外壁・床や、省エネ性の高い複層ガラス、床暖房やエネルギー消費効率の良いエアコンを採用するなどして、年間の1次エネルギー消費量の削減を図ります。室内にいるときに夏の暑さや冬の寒さといった外気の変化の影響を受けにくいので、室内の快適性もアップ。また、エアコンの使用も抑えられるので光熱費の節約も図れます。

断面イメージイラスト

  • 断熱材

    断熱材を厚くする事で住戸内の熱が逃げにくくなります。空調などの効率が良くなり、省エネ性能が向上します。

    概念図

  • 熱橋補強

    熱橋はRCマンションにおいて熱が逃げやすい部分です。この部分を断熱補強する事で断熱性能・空調効果が向上します。

    概念図

  • 高性能サッシ

    屋外は、強度や耐久性に優れた「アルミ」、室内は断熱性に優れた「樹脂」を融合した「ハイブリッド構造」を採用しました。従来のサッシと異なる構造が、断熱性を高めています。

    概念図

  • LOW-E複層ガラス

    特殊金属膜の効果で一般の複層ガラスの約1.5倍の断熱効果があります。夏場は涼しく、冬場は室内の熱が逃げるのを抑制します。

    概念図

  • ルームエアコン付き
    温水床暖房

    省エネ・省スペースの暖房で、冬はエアコンですばやく暖房し、床暖房でじっくり暖められます。

  • LDルームエアコン

    電気代を抑えることができる高性能のエアコンをLDに設置。優れた省エネ効果を発揮します。

  • 高効率給湯器

    エネルギー消費効率が優れており、従来の給湯器に比べてCO2排出量が少なく、ランニングコストも低くなります。

  • 節湯式水栓

    住宅におけるエネルギー消費の内、その多くを給湯設備が占めています。水やお湯の無駄使いを防げます。

  • 節湯式センサー付水栓

    住宅のエネルギー消費の多くを給湯設備が占めているため、節湯式センサー付きにすることで、水やお湯の無駄使いが抑えられます。

  • 高断熱浴槽

    浴槽自体が魔法瓶に近い効果で、湯温が保ちやすくします。追炊き回数が減るなど、省エネ効果に優れています。

  • 24時間換気システム

    空気をリビング等の給気口から取り込み、浴室やトイレにある天井排気口から排出。部屋の空気をきれいにし、シックハウス症候群を抑えます。

  • LED照明

    省エネ・長寿命のメリットを持つLEDなので、照明にかかる電気代の節約が図れます。

  • 調光付照明

    使用頻度などによって調節できることから、省エネの観点から見ても優れています。

  • 人感センサー付
    照明(玄関)

    照明の消し忘れを防ぐことによって、省エネ効果が得られます。

HEMS

電気の「見える化」で、
エネルギーをムダなくかしこく使う。

家庭で使うエネルギーを節約するための管理システムで、電気やガスなどの使用量をモニター画面などで「見える化」したり、家電機器を「自動制御」にすることができます。

※HEMSとは「Home Energy Management System(ホーム エネルギー マネジメント システム)」の略。

低炭素建築物の認定を取得

本マンションは省エネ法の省エネ基準に比べて、エネルギー消費量をマイナス10%以上低く抑える低炭素建築物の認定を取得。外壁や屋根等の断熱性能はもちろんのこと、暖冷房や給湯などの設備機器も含めた建物全体の省エネルギー性能を高め、生活していく上で必ず出る二酸化炭素の排出をできるだけ抑制します。こうした環境に配慮したマンションは、住宅ローン減税の拡大など、さまざまな優遇を受けることができます。

※掲載の断面イラストは、イメージです。