THE RESIDENCE

邸宅意匠の到達点へ。

質感豊かなタイルと、周囲に調和するアースカラーによって、この恵まれた地に相応しい佇まいを見せる〈レ・ジェイド豊田 マスターヒルズ〉。
そこに施された意匠の数々は、重厚な風格が漂う邸宅感を演出します。

完成予想CG

完成予想CG

PRIDE OF DESIGN

“個”を誇る邸宅。

邸宅としての強固な世界観が構築された〈レ・ジェイド豊田 マスターヒルズ〉。
その顔となるエントランスにも、他にはない個性的な表情を演出しました。この風格豊かな住まいに暮らす喜びは、やがて誇りへと変わります。

完成予想CG

完成予想CG

TOYODA LEGACY

光と風が響きあう、
南西角地の爽快ポジション。

古くから続く、この地の恵まれた部分を受け継ぎながらも、これから築き上げられる新しい価値を、広く発信していきたい。
この住まいの随所に、私たちのそんな想いをちりばめました。

完成予想CG

◼️敷地配置イラスト

南西角地の恵まれた立地。

現地は2方向が道路に面した南西角地。さらに大部分が南に傾いた段丘状の地形のため陽当りも良く、爽やかな開放感が広がります。

南東・南西向き中心のプラン。

全住戸63戸中56戸、約87%が南東・南西向きのフロアプランを採用。各住戸で光溢れる開放的な住環境が実現します。

サウスビューの爽快感。

現地は敷地南東側に視界が大きく広がる開放感豊かな地。建物の上層階からは爽快なサウスビューが愉しめます。

駐車場・自転車置場・ミニバイク置場

敷地内に34台分の駐車場と120台分の自転車置場、5台分のミニバイク置場を確保。大切なマイカーや自転車などの管理も安心です。

歩車分離の安心感

車が駐車場に出入りするルートと、人が建物に出入りするルートを分けた歩車分離設計を採用。敷地とその周辺の安全性に配慮しました。

継承されるのは、
格調高き土地の記憶。

この地にあった石積みの擁壁に近い意匠を新しい素材で再現することにより、様々な好条件に恵まれたこの土地の“格”を表現しました。また、擁壁や植栽のライトアップが、夜はまた違った表情を浮かび上がらせます。

外構部完成予想CG

イメージしたのは、美しき邸宅の庭。

黒川清流公園や山王下公園など、豊かな潤いが広がる現地周辺の街並。その恵まれた自然環境に調和するように、〈レ・ジェイド豊田 マスターヒルズ〉では多彩な花樹が四季を彩る植栽配置を計画しました。

[植栽の一例]
ローズマリー/ウエストリンギア/アベリアコンフェティ/コトネアスターグラウコフィラス/サントリナ/ロータスヒルスタスブリムストーン/姫トベラ/シモツケ/柏葉アジサイ/ユーフォルビア/カレックス/ニューサイランタニカ/フェスツカグラウカ/シュウメイギク/ガウラ

RESIDENTIAL IDENTITY

その品格を、
主張する空間。

エントランスホールは、この住まいに施された邸宅意匠の数々を象徴するスペース。
まるで邸宅のサロン(応接室)のような、高級感あふれる空間が広がります。

完成予想CG

デザインは
株式会社スタイレックスが担当。

DESIGNER’S PROFILE

株式会社スタイレックス

取締役・デザイナー
岡本 美都夫Mitoo Okamoto

株式会社スタイレックス取締役。
現在、集合住宅を中心にオフィス、店舗、ホテルなど幅広いジャンルの建築デザイン監修を手掛けている。

株式会社スタイレックス 取締役・デザイナー 岡本 美都夫
株式会社スタイレックス

株式会社スタイレックス

分譲マンションや商業施設などの建築設計・デザインを担当。2018年の〈グラン レ・ジェイド若松町レジデンス〉をはじめ、グッドデザイン賞多数受賞。常に新しい切り口と柔軟な発想により、建築デザイン業界をリードする。

MATERIAL厳選された素材で組み上げる邸宅。

OUTER WALL

ENTRANCE HALL