新型コロナウィルスへの感染防止策について詳しくはこちら

Concept

夙川(約400m 徒歩5分)

Premium Theory 理想の邸宅、プロポーショナル。

自分らしさへのこだわりから、br	普遍の価値は生まれる。

河畔の桜とともに、
羨望の眼差しで語り継がれる邸宅地、夙川。
錚々たる資産家たちに愛され、
この地らしい邸宅文化が育んできた街並風景。
普遍の価値を有する、理想の集合邸宅
——— グラン レ・ジェイド夙川レジデンス。
住まい手のこだわりを凝縮する、
私邸が生まれます。

夙川。大人を魅了する、河畔の風致。

春には、誰もが足を止めて見入るほどに美しく咲き誇る約1660本※1の桜。全域が第三種風致地区という環境保全に厳格な地域となる夙川。風致地区としてはもちろん、市民の活動としても、護られてきた自然環境。多くの人々の心を動かし、今に伝え継がれてきた美しい景観が、ここにあります。
谷崎潤一郎が『細雪』に描き、遠藤周作が洗礼を受け、井上靖が新聞記者時代を過ごし、村上春樹が少年時代を過ごした、夙川。彼らの文学作品の舞台にもなってきた、この美しき街。この地に暮らす歓びは、いっそう深まることでしょう。

文豪を魅了し、育んだ風致。数々の文学に描かれた夙川の景。

夙川そのものは、井上靖の作品にしばしば登場します。また、谷崎潤一郎の『細雪』には、常磐町にある一本松。村上春樹の短編『ランゲルハンス島の午後』には、夙川河口近くの葭原橋が描かれています。遠藤周作が洗練を受け、小説にも描かれた教会など、文学散歩も楽しい夙川がここにあります。

※掲載の環境写真は、2018年9月に撮影したものです。※徒歩分数は80mを1分で算出(端数切り※掲載の環境写真は、2018年9月に撮影したものです。※徒歩分数は80mを1分で算出(端数切り上げ)しています。距離は地図上の概測です。※掲載の現地周辺マップは略地図につき、省略されている道路や建物等があります。※1 出典:西宮市ホームページ(2019年5月現在)上げ)しています。距離は地図上の概測です。

お問い合わせはこちら