新型コロナウィルスへの感染防止策について詳しくはこちら

Design

エントランス完成予想図

Architecture | 落ち着いた街並みに、 誇らしく私邸としての存在感を放つ、建築の粋。

風格の存在感を放つ、低層レジデンス。

重厚感ある横ラインが印象的なアースカラーのタイルをベースに建物の顔となる
エントランスまわりなどの基壇部には阪神間にふさわしい質感豊かなビシャン仕上げの御影石を採用。
建築意匠の隅々にまで上質感にこだわった素材選定。建物に繊細な表情と堂々たる風格をもたらしています。

Facade Design | 街と調和しつつ、街の顔になる。 フォルムと陰影が織りなすファサード。

それぞれの面に印象的な表情を創出

「私邸」としての存在感を放つ低層フォルムに加えて、それぞれの面の壁、バルコニー、ガラスの構成で陰影を演出する、美しい外観デザイン。時を重ねて味わいを深める佇まいを目指して、本物の風格を描き出しています。

ビシャン仕上げの御影石や陶器風タイルなど、こだわりの素材。

2つとして同じ模様の石がなく、国会議事堂や迎賓館、日本銀行本店などに使用される「御影石」を採用。規格サイズとしては珍しいビシャン仕上げの御影石としたほか、陶器の質感と陰影が美しい45二丁掛けタイルや意匠性の高いアクセントタイルなど、上質感にこだわった素材を選定しています。

Public Design | 近代建築から学んだ、モダニズムの気風。細部にまでこだわった建築意匠。

夙川を愛する方の審美眼に適う、独立性と意匠性の高い空間。

独立性の高い全邸角住戸・内廊下設計

邸宅としての品性とプライバシー性に優れた基本計画を追求。ホテルライクな雰囲気の内廊下設計や1フロアに最大4邸の住戸レイアウトのほか、二方接道の角地を最大限に活かせる、全邸角住戸を実現しました。

歴史的モダニズム建築に学び。隅々に設えた意匠。

パリのサントシャペル聖堂をモチーフにした、カトリック夙川教会。フランク・ロイド・ライトの弟子・遠藤新が設計した、甲子園ホテル。こうした西宮を彩る歴史的モダニズム建築に学び、色あざやかなステンドグラスに着想を得たデザイン性の高い装飾を、ロートアイアン調の建築金物等に採用しています。

Car Life | この邸を選ぶオーナーの方々にお届けしたい、愛車とともに暮らす上質な時間。

雨に濡れず、自邸までエレベーターで直結する、地下平面駐車場。

プライバシー性・防犯性の高い地下平面駐車場

雨に濡れず、ご自宅と直接エレベーターでつながり、防犯性・プライバシー性が高い地下平面駐車場をご用意。オーナー様の愛車へのこだわりも大切に。大人の隠れ家的な邸宅に住まう暮らしがここにあります。

全長5.3m×全幅2.0m。スポーツカーも駐車可能。

地下駐車場には、ゆとりある広さの区画を確保し、フェラーリやポルシェなどのスポーツタイプも収容可能なエレベーターを完備して、様々な車種を駐車できるようにしています。

モダニズムという思想に、敬意を。

設計するにあたって、この地に残る阪神間モダニズムの名建築や洋館の古き良きデザイン、建築様式をモチーフしました。こだわりの天然石や素材感のあるタイルを用い、本物の質感を追求。時の流れに色あせることなく、建物の経年変化の美しさを伝え、住まう方にいつまでも愛され続ける建築を目指しています。

Architect株式会社都市建 一級建築士事務所
一級建築士
上総 友章

※掲載の完成予想図は、図面を基に描き起こしたもので、建物の形状、仕様、色調、外構、植栽等は行政官庁の指導、施工上の都合及び改良のため、一部変更が生じる場合があります。敷地周辺の建物・電柱・標識・架線・ガードレール・植栽等は、一部簡略化及び省略しています。植栽につきましては特定の季節の状況を表現したものではなく、竣工時には完成予想図程度には成長しておりません。また、季節ごとに咲く花々を同時に描いております。あらかじめ、ご了承ください。

お問い合わせはこちら