PLANNING

レ・ジェイド アウトポール設計

リビング・ダイニング

住まいをより広く、ゆとりある空間にするために。
空間性に拘ったレ・ジェイドは独自の「アウトポール設計」を採用しています。

POINT 1

4点の外柱

バルコニー側だけでなく、廊下側までアウトポールを標準採用。
スペースの限られた洋室の空間性を高めます。

レ・ジェイド仕様の
アウトポール設計
アウトポール設計
一部アウトポール設計ではない
プラン
一部アウトポール設計ではない
アウトポール設計ではない
従来型プラン
従来型プラン

梁型があり天井が低くなることで
住空間が狭くなります。

参考写真
参考写真

※掲載の間取り図はレ・ジェイド仕様のアウトポール設計についてご説明するためのもので実際の間取り図ではございません。予めご了承ください。

POINT 2

有効面積

マンションの面積は「柱の中心」を起点に算出されるため、
柱が内側にあると表示の面積より実際は狭くなります。

レ・ジェイド仕様の
アウトポール設計
アウトポール設計
アウトポール設計ではない
従来型プラン
従来型プラン

この柱部分が住居専有面積に算入されるため
表示されている面積よりも
1.0m×1.1m÷1/2×4箇所=2.20m²

2.20m²=約1.35帖が狭くなります。

上記掲載の間取り面積表示は同じです。

POINT 3

家具レイアウト

リビングから洋室まで限られたスペースに、
お気に入りのインテリアをスッキリレイアウトすることができスペースを有効に活用できます。

アウトポール設計

共用廊下側・バルコニー側の柱を外部側に出した、アウトポール設計。居住空間から、柱型によるデッドスペースを取り除き、家具等も配置しやすい、スッキリとした室内空間を実現しました。

概念図
参考写真
参考写真

リビング・ダイニングのレイアウト事例

アウトポールに比べ従来型設計は空間に余裕がなくダイニングでは4人掛けテーブルになります。

アウトポール設計
アウトポール設計
アウトポール設計ではない従来型プラン
従来型プラン

洋室のレイアウト事例

アウトポールに比べ従来型設計は無理なレイアウトになったり、無駄なスペースができます。

アウトポール設計
アウトポール設計
アウトポール設計ではない従来型プラン
従来型プラン
参考写真
参考写真
参考写真
参考写真
参考写真
参考写真

POINT 4

アルコーブ

アウトポール設計を採用することで廊下部分にプライベートスペースを設けることが可能に。
多彩な使い方で専有部分と共有部分を有効活用。

レ・ジェイド仕様の
アウトポール設計
アウトポール設計
アルコーブ
参考写真