image photo

間取りPLAN

最大専有面積85㎡超・
南向き中心の
開放的な空間。

3LDK

Atype角住戸

3LDK+WIC+SIC

専有面積70.08

詳しくはこちら

Etype

3LDK+WIC

専有面積70.30

詳しくはこちら

Ftype

3LDK+WIC

専有面積65.17

詳しくはこちら

3LDK + S

Dtype角住戸

3LDK+S+WIC+SIC

専有面積80.04

詳しくはこちら

支払例公開中

住まいをより広く、ゆとりある空間にするために。
空間性に拘ったレ・ジェイドは独自の「アウトポール設計」を採用しています。

MERIT.1

4点の外柱
バルコニー側だけでなく、廊下側までアウトポールを標準採用。
スペースの限られた洋室の空間性を高めます。
レ・ジェイド仕様のアウトポール設計と一部アウトポール設計ではないプランとアウトポール設計ではない従来型プランの比較図

MERIT.2

有効面積
マンションの面積は「柱の中心」を起点に算出されるため、
柱が内側にあると表示の面積より実際は狭くなります。
レジェイド仕様のアウトポール設計とアウトポール設計ではない従来型プランの比較図

この柱部分が住居専有面積に参入されるため
表示されている面積よりも
1.0m×1.1m÷1/2×4箇所=2.20m
2.20㎡=約1.35帖が狭くなります。

上記掲載の間取り面積表示は同じです。

MERIT.3

家具レイアウト
リビングから洋室まで限られたスペースに、
お気に入りのインテリアをスッキリレイアウトすることができスペースを有効に活用できます。
概念図
リビング・ダイニングのレイアウト事例
アウトポールに比べ従来型設計は空間に余裕がなくダイニングでは4人掛けテーブルになります。 アウトポール設計とアウトポール設計ではない従来型プランの比較図
洋室のレイアウト事例
アウトポールに比べ従来型設計は無理なレイアウトになったり、無駄なスペースができます。 アウトポール設計とアウトポール設計ではない従来型プランの比較図

MERIT.4

アルコーブ
アウトポール設計を採用することで生まれるアルコーブは、
廊下と連続するプライベートスペースとして多彩な用途に利用可能です。
レ・ジェイド仕様のアウトポール設計
プランターの写真
鉢植えやプランターを飾って
玄関前をグリーンで演出
リースの写真
メーターボックスには
リースなどが飾れるフック付きの
ディスプレイパネルを設置
閉じる